blogyoganoie

【ご挨拶】埼玉県所沢市小手指に2017年10月14にオープンした少人数制のヨガ教室です。

【対象者】小さなお子様連れの方、運動不足を解消したいミドルからシニアの方、どなたでも大歓迎です。どんなレッスンを受けるか迷っていらっしゃる方には「レギュラーレッスン」がお勧めです。運動強度は中くらい(5段階なら2~3程度)で、ダイエット・肩こり解消・ストレス解消・冷え症の改善など、様々な目的に対応できるオールマイティーなレッスンです。ハードなレッスンを希望される方には、「パワーヨガ」や、「マラソン完走応援ヨガ」を、

記事一覧(277)

優しくなれない自分を認めてあげて

こてさし ヨガの家は少人数制のヨガ教室の為、受講される方のご希望や体調に合わせて様々な内容のレッスンを行っていますが、その中で赤ちゃんや小さなお子様連れの方も歓迎の「子連れOKママヨガ」というレッスンを開いています。その「子連れOKママヨガ」のレッスンの際に、私の娘も保育園から早く帰らせ、一緒に遊んで貰いつつ、お母様にレッスンをして頂く事がこれまでに有りました。そうすると、子ども同士仲良く遊んでくれている間は私たち大人も安心してヨガに集中出来るのですが、途中でおもちゃの取り合いになったり理由が分からず不機嫌になってしまったりして「貸してあげて」とか、「仲良くね」とか言い聞かせる事になり、それでも収まらないと口調が強めになってきて…という展開も有ります(;^_^Aそんな状況でもやはりお客様の前という事もあってか、感情を露わにせずに済んでいるため、「先生はいつも落ち着いて居て見習いたいです」等と言われる事が有ります。「やっぱりヨガをしているから穏やかなんでしょうか?」とも。勿論、それも有ります。ヨガと出会う前の私だったらクヨクヨ悩んで、親や兄弟、あらゆる知人友人に愚痴をこぼしてもストレスを溜める一方だったと思います。それとも母親になればまた違ったのかも知れませんが…。ただはっきり言えるのは、私は家族しか居ない場では大声で子どもを叱る事も沢山有りますし、言葉もきつくなる事も有ります。例えばこんな感じで↓。~外出先で~娘:「クレープ食べたい❤おうちに有るおやつお母さんにあげるから。」私:「じゃあ良いよ。約束ね。ご飯もちゃんと食べてね。」~帰宅後~娘:「ご飯もういらな~い、おやつ食べる~。」私:「うちに有るおやつは私にくれるんでしょ?だからクレープ食べたんでしょ?」娘:「クレープ欲しくなかった…(´;ω;`)」私:「(# ゚Д゚)…は?○○がおやつ要らないって言ったんでしょ!?私がおやつ頂戴って言ったの!?え!?いつ!?いつ言ったの!!?(爆)」という具合に。きっと家の外にも響き渡っているだろうと思うのですが、優しく言い聞かせても耳を傾ける様な子では無く、ちょっと怖い顔をしても平然としていて、良くない事をして怒られていると分からせる為にと表情もつくってやっと「怖い顔」を認識させることが出来る様になったのは半年位前です。もう3歳になっていました。こんななので、私の事を落ち着いて居ると言って下さった方にも「人前だからですよ(;'∀')普段は大声で怒鳴っています。」と伝えていますが、その方はヨガをしている間やその後の帰り道で普段のお子様との接し方を反省されるのだそうです。勿論、それはヨガがもたらす良い結果とも言えますし、なるべくしてなっているとも思いますが、「お子様に優しくなれない自分も認めてあげて良いのでは?私たちは神様じゃないですし(o^―^o)」と私はお話ししました。私は大声で怒鳴った後も自分を責める事は余りしません。ですが娘が良い事をすればしっかり褒める様にし、時には聞き分けが悪くても「お母さん怖い顔になっちゃうよ」とか、「鬼になっちゃうよ」と言ったりするだけで怒鳴らなくても理解してくれる事も有りますので、その様にコントロールしています。あとは娘が「お姉さん」とか「大きい子」という意識を持つようになったので、「それじゃあ、学校に行けないね」とか「明日から赤ちゃんのクラスに戻らなきゃね、お友達は大きい子のクラスだけど。」とか言うと「赤ちゃんやだ、言う事聞く!」と素直になったりします。本人が「こうなりたい」と思っている事を上手く使うと良いのかも知れません。とは言え、私は育児の専門家でもなければ出産・育児経験は今が初めてですが…。「私だって母として出来ることはやっている!でもいつまでも良い子良い子ね❤とは言ってられないのよ!」と自信を持って良いのでは無いでしょうか?私もそう開き直れるようになったのはヨガのお陰だけでなく、娘の通う保育園の先生のアドバイスや、仕事での託児所さんや育児サロンさんとの出会いが有ったからでも有ります。保育園からの帰り際、いつまでも靴を履かない娘と私とのやり取りを見て、「お母さん一人で帰るって、○○ちゃん保育園にお泊りね♪」と言ってヒソヒソ声で「お母さん、本当に外へ出てみて」とお芝居をしてくれた先生のお陰で「ヤダ~!」と慌てる娘を見て「あぁ、意地悪言っても良いんだ」と納得したり、理由問わず子どもを預かって下さる施設さんにも本当に感謝しています。もっと娘が小さな頃にも偶には預けていれば良かったと思います。こてさし ヨガの家はママズスマイル所沢さんでパートナー登録しているので割引チケットをご用意出来ます。ご希望の方はお気軽にご連絡下さい。お問合せはこちら