牛乳パックでDIY

今日もカンカン照りですね(;^_^A

水分補給をしっかりして熱中症対策をしましょう。

さて今日は少し時間が出来たのでずっとやろうやろうと思っていた、

洗面所のかさ上げ台作りをしました。


何故かさ上げ?と言いますと、ウチの娘がまだステップに乗らないと

洗面台に届かないのですが、このステップがジャストな高さのものが見つけられず、

高すぎると前のめりの姿勢になって危ないので取り合えず低めの物を置いていたんです。

始めは「すぐに背は伸びるし少しの間だけ…」と思っていたのですが、

低いとつま先立ちになるのでバランスが悪くやっぱり危ないんですよね。

あとは蛇口との距離も広くつま先立ちなのに水を出すのがやっとで…。

そんな訳で台の下にもう一つ台を置くことを少し前から考えていたのですが、

ずっと使うわけでは無いし、第一にジャストフィットするものが見つからない(-ω-;)

という訳で牛乳パックを使って手作りしようとせっせと集めていたのですが、

丁度欲しい数が貯まったのでついに制作に取り掛かりました!


先ず空のパックに詰め物をします。

要らなくなった紙を丸めて詰めます。

写真はジュースのパックですが、見てお分かりの様に、パックに入っていた物によっては

色や匂いが残ります。虫が寄ってきたりするかもしれないのでジュースは避けた方が

良さそうです。今回は、出来上がってから「あ、ブログに載せよう☆」と思いついたので、

偶々あったジュースのパックで再現画像を撮りました(∀`*ゞ)

多いかな?と思うくらいギュウギュウに詰めた方が良いです。

頭の部分を折りたたんでガムテープで止めます。

今回は12本使いました。6列×12段を並べてまたガムテープでグルグル止めました。

強度のバランスを取るためにパックの上下を交互に並べると良いと思います。

頭の部分は折り返して止めるので分厚くて強いです。


繋げたパックのサイズに合わせて布をカットし袋状に縫います。

最後の1辺はパックを詰めた状態で「コの字縫い」で綴じました。

角を織り込んで形を整えます。

この部分もコの字縫いで綴じるとスッキリしますが、多分縫わなくても

問題有りません。私は面倒だったので織り込んだだけです( ゚∀゚)アハハ

他の辺も布用の接着剤やホッチキスを使っても良さそうです。

※小さなお子様が触るものにはホッチキスは危険です。


確か私が幼稚園に通っている時、何かのイベントで牛乳パックで作ったベッドを

展示していたのを思い出しました。家でも牛乳パックのベッドで寝たい(*´▽`*)と

夢見ていましたね。最近は娘と行く児童館などで牛乳パックの腰掛けを見たりします。

牛乳パックは手軽に色々な物を作れて丈夫で良いですよね。


身近な物で工夫して快適に過ごせるというのもとてもヨガ的です。


こてさし ヨガの家

【電話番号】042-001-2474

【住所】〒359-1148 埼玉県所沢市小手指台11-22

【営業時間】8:00~17:00

【定休日】不定期


こてさし ヨガの家

所沢市小手指のアットホームな少人数制ヨガ教室です。ヨガやその他の運動経験が少ない方、初心者の方も大歓迎です!!勿論、他スタジオやスポーツクラブ、フィットネスジム等で運動経験が有る方もお試し下さい。4~5名までの少人数レッスンがメインですが、6名以上で受講希望の方もお気軽にご相談下さい。レンタルスペースの手配や出張も承ります。

0コメント

  • 1000 / 1000